空き部屋を使って始める

部屋をずっと使わずに放置していると、次第に劣化してしまいます。 もったいないですし維持費も掛かるので、うまく空き部屋を利用して稼いでみませんか。 おすすめなのは民泊を始めることです。 それほど損傷していない空き部屋なら、安い初期費用で始められます。

たくさんの観光客に来てもらう

人気の民泊になれば、宿泊する人が増えます。 すると自分の得られる収入も増えますし、地域が活性化するメリットも得られます。 自分の力で、ふるさとが盛り上がると嬉しいでしょう。 それがやりがいに繋がるので、どんどん人気が出るように環境を整えていきましょう。

事前に対策を施そう

民泊を利用するメインターゲットが海外の人なので、部屋の利用に関してトラブルが起こるケースが増えています。 それを避けるために、トイレの使い方や注意事項などを説明したメモを部屋に置くのがおすすめです。 英語でわかりやすく書けば、観光客が目を通してくれるでしょう。

オススメリンク

会社の事務所がないかわりに会議は渋谷にある貸し会議室を利用!安くて便利なのでコスト削減になります。

これ以上劣化しないように

民泊を始めることで得られる大きなメリットは、空き部屋を活用して収入を得られる部分です。
誰かに定期的に空き部屋を使ってもらうと、部屋が劣化する事態を避けられます。
民泊を始めたいと思ったら、空き部屋の様子をチェックしてください。
何年も前から空き部屋になっていて、損傷が激しい場合は修復しなければいけません。
傷みがそれほどひどくない場合は、初期費用を削減できます。

空き部屋を誰でも快適に過ごせるようリノベーションすると、利用してくれる人が増えるようです。
地域を活性化させることにも繋がるでしょう。
これまで過疎化していた地域に、たくさんの観光客が訪れるかもしれません。
その地域を観光したり食事を食べたり、お土産を購入したりすることで経済効果が得られるようになります。
地域のためになるということが、やりがいにもなるでしょう。
次第により喜んでもらえるようにどう工夫すれば良いのか考えることが、楽しくなると思います。

民泊を始める際に注意したい部分は、誰が宿泊するかわからないことです。
主なターゲットは、海外の観光客になります。
文化の違いから、トイレの使い方がわからなかったり、部屋を汚されたり壊されたりするリスクがあるので注意しましょう。
トイレやシャワーの使い方を簡単に説明するメモを置いたり、壊れものを部屋に置いたりしないように心がけましょう。
また民泊を営業できるのは、年間180日までだと法律で決められています。

TOPへ戻る